テックアカデミーの特徴・評判を徹底解説

プログラミングスクールを真剣にさがしている方は、

  • プログラミングスクールを使って、ちゃんと就職ができるの?
  • プログラミングスクールは通学型・オンライン型どちらを選べばいいの?
  • プログラミング言語は、Ruby、Python、Swiftなど色々あるけど、結局どれを選べばいいの?

などと不安に思っていませんか。

こんな方に向けて、今回の記事では最近話題の超人気スクールTechAcademy(テックアカデミー)の特徴・評判を解説します。

テックアカデミーとは?

TechAcademyとは株式会社Kiramex(キラメックス)が運営しているオンライン完結型プログラミングスクールです。「学習する場所」「学習する期間」「学習するコース」全てにおいて自由度が高く受講者の目的に合わせて学習を進めていくことができます。

プログラミング教育を通じて世界を豊かに』というコンセプトの元、最短4週間で、パーソナルメンターのサポートを受けながらプログラミングやアプリ開発を学び、オリジナルのサービスを作れるようになれます。

株式会社Kiramex(TechAcademy)の村田 雅行代表は、
「なぜTechAcademyを作ったかというと、プログラミング学習の挫折を無くしたいと思ったからです。どうにかこの状況を解決する方法はないのかという思いでTechAcademyを立ち上げました。」と話されています。

テックアカデミーの事業概要は、個人向けの短期間で未経験からプロを育てるオンラインブートキャンプおよび企業向けの企業研修事業です。コロプラやDMMなど多くのIT企業への教育実績があり、500社、25,000名を超える教育実積があります。

テックアカデミーのオンラインブートキャンプ成功の秘訣を聞かれた村田代表は、「重要なのは、カリキュラムの質ではなく『強制力』」と答えています。

つまり、

  • 8週間等という期間を決める
  • 週2回メンタリングを実施する(次回までの進捗を指示)
  • 授業料は払ってしまった

といった「やわらかい強制力」を与え続けることによって挫折をしないで継続させることができるという訳です。

更にゴールをいかに設定するかということも大事で、最終課題でオリジナルのサービスを開発することになっています。作成した作品は卒業後のコンテストで発表する機会が設けられています。

また作品は、就職・転職時に活用もできます。卒業後には転職サポートも受けられます。

<テックアカデミーの基本情報>

カテゴリ オンラインスクール
受講形態 教材を進めながらメンターのサポートあり
レベル 初心者~上級者
場所 全国(オンライン)
入会金 無料
価格 社会人129,000円〜/学生89,000円〜
期間 1ヶ月〜
サポート 15時〜23時
講師 現役エンジニア/ 現役デザイナー
教材 オリジナル
言語 Ruby/RubyonRails/Git/GitHub/HTML5/CSS3/Bootstrap/
SQL/Heroku/PHP/Laravel/JavaScript/jQuery/WordPress/Python
無料体験  あり

テックアカデミー公式サイトへ



テックアカデミーの特徴

① パーソナルメンター

プログラミング初心者が学習を挫折するパターンとして、相談できる人がいなくて結局問題が解決しなくて諦めた・・・という方も多いと思います。

テックアカデミーのメンター(師匠)は、企業での開発経験がある現役エンジニアが多く、レベルが高いです。コードがかけるだけでは優秀なエンジニアとは言えないんですね。

説明のうまさが非常に大事です。テックアカデミーは試験に通過した優秀なエンジニアをメンターとして採用することで、受講者のレベルアップをはかっています。

メンターとのメンタリングは週2回、1回30分開催されるので、進捗管理だけでなく信頼関係にとても大切ですね。質の高いメンターが保証されているのは非常にポイントが高いですね。

書けるようになるまで回数無制限で課題レビューもあります。もう至れり尽くせりですね。



② 豊富なコース

昨年あたりからコースが本当に増えました。それほどオンライン学習の需要があるということでしょうか? AIやブロックチェーン等最新技術も揃っています。

コース選択に迷う方は

  • Webサービスを作りたい → Webアプリケーションコース
  • スマホアプリを作りたい → iPhoneアプリコース
                  Androidアプリコース
  • Webサイトを作りたい  → フロントエンドコース
                    Webデザインコース

大事な料金も見ておきましょう。

テックアカデミーと同じオンライン型プログラミングスクールで有名な「コードキャンプ(CodeCamp)」との比較を簡単にしてみます。
(Webアプリケーション開発のコースの場合)

テックアカデミー
TechAcademy
コードキャンプ
CodeCamp
1ヶ月コース 社会人:129,000円
学生:89,000円
なし
2ヶ月コース 社会人:179,000円
学生:119,000円
148,000円
レッスン20回
3ヶ月コース 社会人:229,000円
学生:149,000円
なし
4ヶ月コース 社会人:279,000円
学生:179,000円
248,000円
レッスン40回
6ヶ月コース なし  298,000円
レッスン60回

学割が効いて、学生ならテックアカデミーが断然お得ですね。

単純な期間の比較でいえばコードキャンプの方がお得です。

学生さんや主婦の方など、一日のうち拘束される時間が少ない人は4週間プランなどで短期集中型で一日5,6時間勉強してということができるかもしれないですが、多くの働いている方が毎日5,6時間時間をつくるというのはなかなか難しいものがあるのでそういう方には8週間以上のプランをオススメします。

集中的にやることも大事ですが、あまり負荷をかけすぎると挫折の元にもなるので余裕を持ってじっくり取り組めるプランを選択されることをオススメします。



③ テックアカデミーの学習方法

テックアカデミーの学習方法は、WEB教材(ログインして閲覧できる)をレッスン1から順番に読んで、また開発環境を構築したり、プログラミングを行い、疑問点を解決する。このサイクルを早く回せるので、スキルの習得率が高いのです。

このWEB教材は、紙媒体の教科書と異なりアップデートされ続けたものを永久閲覧可能ということです。そして、メンターが個人の能力や進捗に合わせてカリキュラムを組んで効率よく進めていきます。

疑問点の解決に使われるのは、業界で広く使われるSlack(スラックというチャットツールです。どんな質問でも、早くて30秒、遅くても3分で返答されるというのが驚きです。

おそらく、常時20人くらいは控えていて質問を待ち構えているのでしょう。ですから、無駄なつまづき、時間の浪費がありません。もし、受講者が目的からそれた学習をしている場合は、即座に指摘して最短の学習内容を教えてくれます。

そして、最後の課題がオリジナルサービスの開発です。このオリジナル作品を作るときも、ありがたいことにメンターはサポートしてくれます。

オリジナルの作品を作ることは、エンジニアとして就職、転職、独立するにあたって重要なものとなるので、ここまで支援してくれるのは嬉しい限りです。

このようなカリキュラムのレベルの高さが認められて、日本e-Learning大賞で「プログラミング教育特別部門賞」を受賞しました。

日本e-Learning大賞とは、次の省庁などの公的機関も後援している賞です。

オンラインのプログラミングスクールが乱立する中、テックアカデミーが唯一の受賞です。

④ キャリアサポートがある

テックアカデミーではプログラミングスクールでスキルを身につけるだけではなくキャリアサポートにも力を入れています。さらにIT・Web業界に特化した「Find Job!」社との提携も発表されています。

コースに申し込まれた受講者は、TechAcademyキャリアに登録できるようになります。

そうすると登録されたプロフィールやスクールで身につけたスキルを元に企業や人材コンサルタントの肩からスカウトが届きます。

さらには、なんと受講開始時点で20代でありTechAcademyキャリアで転職に成功されると10万円のキャッシュバックがあり、お得なお値段でレッスンの受講ができます。

条件に一致する方は、ぜひこのシステムを利用して、お得にスキルを身について下さい。

⑤ 受講生によるコンテストがある

テックアカデミーでは、他のスクールでは聞かない「コンテスト」があります。第一線でご活躍のCTOや経営者をお招きし、その前でプレゼンできるのです。

コンテストは自分のプロダクトや成果(自作したアプリやWebサイト)を応募することができます。もちろん開催もオンラインなので自宅から参加できます。地方の人でも安心。

最優秀賞をとると「ブートキャンプ4週間プラン受講権」がもらえます!きっとプログラミングを学習する中で「これも勉強したくなってきた」ということがあると思うのでこれは嬉しいですね。ちなみに優秀賞だと「ブートキャンプ受講料3万円引き」がもらえます。

コンテストが開催できるほど、わずか2ヶ月間ぐらいの学習で多くの人がアプリ開発まで可能になっているのは素晴らしいですね。



テックアカデミーの評判

テックアカデミーの良かった点

  • すぐに質問できるのでつまづかずにさくさく進められる
  • パーソナルメンターのおかげで無駄な学習を止められる
  • オリジナルアプリ・サービスを作ったおかげで実践的な力がついた
  • メンターはコース外のことも相談できる
  • 受講後は確実に学習効率が良くなった。参考書を読んでもどんどん理解できるし、わからないことも調べられるようになった。
  • メンターは担当制なので、毎回自分の状況を説明しなくていいのが助かる。
  • オンラインなので場所にとらわれないで進められる。
  • 自分が作ったアプリを一線で活躍するCTOや経営者にプレゼンするDemo Dayというものがプログラムの最後にある。なので、目標意識もって取り組むことができた。

テックアカデミーのよくない点

  • Slackで質問しづらい
  • 使うツールのほとんどが英語
  • 15 〜 22時の対応時間では短い
  • 期間が短すぎる
  • 受講者どうしの交流がない
  • チャットで答えてくれる人のレベルが様々。きちんと学習になるようにヒントだけ与えてくれる人もいれば、いきなり解説もなしに答えだけを教えちゃう人もいる。
  • 週一回30分のメンタリングは短すぎる。理解できないまま終わっちゃうことも多い。
  • 受講後にすぐにプロのプログラマーとして活躍できるわけではない。(個人の努力しだい)



テックアカデミーで学ぶならこんな人

テックアカデミーに向いている人

  • プログラミングの全くの初心者で独学はちょっと不安な方
  • できるだけ安価に学びたい方
  • Progateやドットインストールの後何をすればいいのか分からない方
  • 近隣にプログラミングスクールがない方
  • スキルを身につけ周りに差をつけたい学生の方
  • 経験者だけど全く新しい技術を短期間で習得したい方
  • エンジニアと交渉する機会が多いビジネスサイトの方
  • エンジニアとして活躍したい社会人の方
  • 時間と場所にとらわれない働き方をしたい方
  • オリジナルのサービス・アプリを作りたい方
  • 将来IT業界で働きたい方
  • 実践レベルのプログラミング技術を学びたい方
  • Webサービス・アプリで起業したい方

テックアカデミーに向いていない人

  • 初心者でパソコンを使うのが苦手
  • 学習可能な時間が短時間しか確保できない
  • 実際(リアル)の教室で対面で教えてほしい
  • 英語のツールに抵抗がある
  • テキストを読むだけで手を動かさずに学びたい
  • 自分のペースで勉強したい
  • プログラミングの優先順位が低い

まとめ

テックアカデミーは、プログラミングやアプリ開発を学ぶことができるスクールで、業界No.1の実績と、日本e-Learning大賞を受賞したカリキュラム(内容)のレベルの高さが特徴です。

ご紹介したとおり、パーソナルメンターと共にWeb開発や他の汎用アプリなど、プログラミングのスキルを安く・効率的に、そして確実に習得したいのであれば、テックアカデミーで間違いありません!

短期間で仕事で通用するプロレベルまでプログラミングを習得できます。

Webだけで無料体験ができますので、テックアカデミーに少しでも興味のある方は、今すぐ実際に試して自分自身で体験してみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加